平成31年第一回練馬区議会定例会
一般質問(要旨)


練馬区議会自民党 小川 けいこ


<平成31年度当初予算について>
質問1⇒来年度以降の区財政の見通しについての認識は。また、税制改正に対する所見は。
答弁1⇒当面は税収の伸びが期待できるが、長期的には、生産年齢人口の減少により減収が見込まれている。国の税制改正により区の財政には多大な減収が生じている。特別区の財政運営を破綻させかねないものと、強い憤りを覚えている。
質問2⇒平成31年度予算は、「第2期前川区政」が着実に歩みを進めるなかで迎える最初の重要な予算。この予算案に込めた区長の思いや考えは。
答弁2⇒着実に実行に移し、豊かで美しいまちねりまの未来を切り拓いていく決意。
質問3⇒都区財政調整協議への考え方と、都区間で協議の整った項目、検討課題は。
答弁3⇒特別区が果たす役割に的確に対応できる算定となるよう、協議に臨んできた。新規査定や工事単価の算定改善などが合意。引き続き精力的に協議していく。

<文化・芸術について>
質問1⇒今や区立施設などのホールにおいても、バーカウンターなどが整備され、コンサートなどの合間に軽食を楽しむことができるようになっている。文化センターにも飲食カウンター設置を。
答弁1⇒今後、公演に彩りを添えるものとして、文化センターでの飲食提供を検討していく。
質問2⇒子どもたちが、本物の芸術に触れることができる機会を増やすことを強く要望。
答弁2⇒教育委員会として取り組みを支援していく。
質問3⇒最新テクノロジーやデジタルコンテンツ等の活用を。
答弁3⇒デジタルコンテンツ等を新しい映像資源として幅広く捉え、検討の対象としていく。
質問4⇒「こどもランタンフェスティバル」は、子どもたちの芸術参加と、地域おこしが目的。アーティストとコラボして、映像表現の芸術的要素を入れたものにするのはいかがか。
答弁4⇒専門家の知見をくわえながら、実施を検討していく。

<防災について>
質問1⇒ソーラー型のモバイルバッテリーの区民に提供への検討状況は。また、消防団員や町会の防災会員、避難拠点運営連絡会員などにも配布し、地域共助の力を高めるべき。所見は。
答弁1⇒配布に要する経費を計上した。発災時地域の防災活動に関わる方を中心に配布する。
質問2⇒獣医師会と協力し、災害時にも役立つペットのマイクロチップの普及啓発事業に区として協力を。
答弁2⇒国の動向も注視し、獣医師会と連携し対応していく。

<女性施策について>
質問1⇒現在区が行っている区民に向けた女性支援策と、区女性職員の支援は。
答弁1⇒妊娠期から切れ目のない支援や健康・就職等に関する講座、福祉資金の貸し付けや生活・就労支援などの支援を行っている。また区の女性職員を対象に「女性職員応援プログラム」の実施や「仕事と子育て・介護両立支援ハンドブック」を配布。
質問2⇒主婦の社会復帰、就労支援で、斡旋事業ではなくスキルを身に着けるための支援の検討を。
答弁2⇒女性が関心を持ち、地域で直接就労に結びつく講座の充実やその後のフォローなどのあり方について検討していく。
質問3⇒ガンの治療中の女性に対するウィッグ等の助成の検討を。
答弁3⇒がん患者や家族の支援のあり方について検討していく。

<民間と協働の公共交通の充実について>
質問1⇒要望の高いみどりバスルートの再編、バス停の増設など現在の進捗状況は。
答弁1⇒ルート再編には道路の拡幅整備が必要であり、その進捗を踏まえながら、バス事業者を始め、警視庁や隣接する西東京市などと協議を進めている。また、新たな停留所の設置に向け手続きを進めている。
質問2⇒路線バスやみどりバスなど公共交通にだけではなく、民間の事業者に対して助成を行い、地域の移動手段として活用すべき。所見は。
答弁2⇒民間シャトルバスの活用は、利便性の向上につながると考える。国や関係機関から情報収集し、弾力的な運用について研究していく。

<いじめ防止対策アプリについて>
質問1⇒「いじめ等対応アプリ」の目的と対象者、導入へのスケジュールは。
答弁1⇒導入により、被害を受けた子供だけでなく、いじめを認知していながら通報ができずにいた子供の声を把握し、いじめの早期発見・早期対応を図っていく考え。年度内に運用事業者を選定し、運用を開始する予定。
<青少年施策の充実について>
質問1⇒コンセプトがしっかりとした青少年施設があるべき。今後、春日町青少年館のリニューアルにおいて、本来の目的を念頭におき、大胆な活用を。
答弁1⇒青少年施設としては青少年館と児童館がある。児童館は、今後、充実を図り、中高生の健全育成拠点としての機能も強化。現在整備中の児童館ではボルタリングやバスケットゴール、防音設備付の音楽室や、中高生カフェラウンジなどを備える予定。春日町青少年館については、改修のあり方を検討する。
質問2⇒青少年課は時代にあった仕事を。
答弁2⇒3事業執行体制について、しっかりと整えていく。

<特徴ある図書館について>
質問1⇒図書館にも営業努力と工夫が必要。区の考は。
答弁1⇒指定管理者運営9館の図書館では魅力ある事業を実施。各指定管理者が特色ある事業を展開し、競い合う中で、区民サービスの向上を図る。
質問2⇒英語に親しむ事業についての取り組みを。
答弁2⇒今後の拡充について指定管理者とも検討していく。

<こどもの森について>
質問1⇒新たな用地を確保した際は、ツリーハウスを設置した「冒険の森」の実現を。
答弁1⇒ツリーハウスの設置について検討していく。